文字サイズ

金本阪神、痛恨のスコアレスドロー 3位・巨人とのゲーム差縮められず

7回、ピンチを切り抜け梅野(左)に迎えられる岩貞(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神0-0巨人」(24日、甲子園球場)

 CS進出を狙う阪神は12回を戦い抜きながらも無得点で、痛い引き分けとなった。3位・巨人とは2・5差のまま変わらず。

 阪神・岩貞、巨人・メルセデスと両チーム先発投手が好投。岩貞は7回3安打、メルセデスは8回3安打で、後続につなげた。七回には巨人・阿部の打球の捕球をめぐって審判の判定が覆る場面もあったが、無死一、三塁のピンチも岩貞が気迫の投球で乗り切った。

 しかし打撃陣は両チームとも不振。ともに散発4安打でスコアボードには「0」だけが並んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス