文字サイズ

岩貞、こん身の投球 不可解判定のピンチ無失点で切り抜ける

先発した阪神・岩貞祐太は7回を無失点と好投する=甲子園(撮影・山口登)
1枚拡大

 「阪神-巨人」(24日、甲子園球場)

 先発の阪神・岩貞が絶体絶命のピンチをこん身の投球で脱した。

 0-0で迎えた七回、先頭の岡本に左翼線へ二塁打を許した。続く阿部を一ゴロに打ち取ったかに見えたが、一塁・ナバーロは直接捕球したと判断。走者が飛び出していた二塁へ投げようとするも、ちゅうちょした瞬間に球が手からこぼれ落ちた。

 球は二塁方向へ転がり、その間に二塁走者は三塁へ。無死一、三塁となった。このプレーに関して、一塁塁審が一度アウトのコールをしたこともあり、金本監督は抗議した。結局、無死一、三塁でプレー再開となった。

 それでも左腕は冷静沈着だった。まずは長野を直球で捕邪飛に打ち取り、ゲレーロに対してはチェンジアップでカウントを取り、最後は144キロ直球で見逃し三振に仕留めた。最後は大城を低め直球で空振り三振。小さくガッツポーズを作って、マウンドを降りた。

 右スタンドからは岩貞をたたえるコールが鳴り響いた。7回3安打無失点、104球を投げ切り降板。今季初の中4日の先発マウンドで、メルセデスと白熱した投手戦を展開した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス