文字サイズ

先発の小野は5回2/3を4失点降板 打線もヤクルト・原を打ちあぐねる

 6回途中、降板を告げられ、悔しそうな表情を見せる小野(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 阪神の先発右腕、小野は5回2/3を8安打4失点で降板した。

 初回に1点を許した後は、五回2死走者なしまで得点を与えなかったが、ここから7番・西浦の中前打されると井野に四球を与え、投手の原にも左前へはじき返され、1点を失った。

 上位に戻って1番・坂口に四球を与えて2番手の能見と交代。能見が続く青木に2点適時打を許して、この回リードを4点に広げられた。

 打線もヤクルトの先発・原の前に五回を終えて、わずか1安打に抑えられている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス