文字サイズ

才木「チームに申し訳ないです」四回途中5失点でまた松坂に勝てず

4回途中、交代を告げられ、空を見上げる阪神・才木浩人(中央)=甲子園(撮影・北村雅宏)
4回途中、降板する阪神・才木浩人=甲子園(撮影・高部洋祐)
2枚2枚

 「阪神-中日」(13日、甲子園球場)

 阪神の先発・才木が中日打線に打ち込まれ、3回1/3、5失点で降板した。中日・松坂と3度目の投げ合いとなったが、早々にマウンドを降りることとなった。

 初回は2死から先制点を献上した。大島に左前打を浴びると、捕手の送球ミスも絡んで三塁へ進まれた。ここでビシエドに三塁線を破られる適時二塁打を食らった。

 二回も2死から8番・武山に四球を与えるなどリズムに乗り切れない。三回は先頭の1番・平田に中前打。続く京田に右越え適時三塁打を許した。その後も高橋、福田に連続適時打を浴びて3点を失った。

 四回、1死から平田に左中間への二塁打、京田に右前適時打を浴び5点目を失ったところで降板。「ピンチの場面で低めに投げ切ることができず、浮いたボールを続けて打たれてしまいました。早い回でマウンドを降りてしまい、チームに申し訳ないです」と謝るしかなかった。

 レジェンド右腕との投げ合いは、過去2戦2敗。急成長を続ける19歳の右腕が、ぶ厚い壁を越えられないでいる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス