文字サイズ

阪神 陽川の適時打で1点を返す チャンスメークは大山

4回、適時二塁打を放つ阪神・陽川尚将=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神-中日」(13日、甲子園球場)

 阪神が大山、陽川の長打で松坂から1点を返した。

 5点を追う四回。先頭の大山がカウント1-0から内角高めの球を強振。あわや3戦連発という大きな当たりだったが、フェンスオーバーとはならず。それでも、打球の滞空時間の長さを利用し、一気に三塁まで到達した。

 続く糸井は二直に倒れたが、1死三塁と好機は続く。ここで陽川が真ん中付近に来たカットボールをバットに乗せた。打球は左翼フェンス上部を直撃。あわや本塁打という強烈な当たりで、三塁走者を楽々と生還させた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス