文字サイズ

大山「もっともっと打てるように」自身初の2戦連発で3番起用に応える

4回、3ランを放ち北條、糸原の祝福を受ける大山(右)=撮影・高部洋祐
1枚拡大

 「阪神8-5中日」(12日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手が自身初の2試合連発となる6号3ランで3番での起用に応えた。

 陽川の適時打で1点を勝ち越して迎えた五回、1死一、三塁から市原が中日・小熊の悪送球を誘う打球で1点を追加すると、続く大山が一、二塁から左翼席に運んだ。

 前日は2本塁打。打撃好調の大山は7勝目の岩貞とともに呼ばれたお立ち台で「すごく良い状態できていると思うので、もっともっと打てるように頑張ります。初回のチャンスに凡退したので、何とか後ろにつなげば糸井さんがいるので。とにかく繋ごうと思ったのがいい結果になってくれました」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス