文字サイズ

阪神、今季最多20安打、13得点で大勝 2カード連続勝ち越し 才木が5勝目

勝利のハイタッチでナインを迎える(左から)金本監督、才木ら阪神ナイン=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
8回、3ランを放った阪神・原口文仁を迎える阪神・才木浩人(右)=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「広島3-13阪神」(6日、マツダスタジアム)

 阪神が今季7度目の先発野手全員安打、今季最多の20安打で13得点を挙げ大勝。2カード連続で勝ち越しを決めた。

 三回に北條の中前適時打で先制した阪神は五回、1死一、二塁から糸井の右前適時打から4連続適時打で5点を加えた。六回には福留の14号2ラン、陽川の5号ソロで3点を加えた。八回には代打原口が2号3ランを放った。

 先発の才木は、6回1失点、9奪三振の力投で5勝目を挙げた。ヒーローインタビューを受け「自分の感覚は悪くなかったですけど、きょうは本当に野手の方々が点を取ってくださったおかげで、楽に投げることができたので。野手のみなさんのおかげかなと思います」と、猛打に感謝した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス