文字サイズ

阪神が逆転勝ち 巨人との3連戦勝ち越し 糸井の超特大アーチが決勝弾

試合後、ナインとハイタッチを交わす阪神・糸井(中央)=東京ドーム(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「巨人2-3阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神が逆転勝ちで、この3連戦の勝ち越しを決めた。

 2点を追う追う三回。北條の左前打で1死一、三塁とすると、福留がきっちりと中堅にフライを打ち上げ、1点を返した。

 その後は巨人・先発の山口俊を打ちあぐんだが、七回、ナバーロが右翼席へ価値ある2号ソロ。ナバーロは「秋山がいい投球をしてくれていたから、なんとか打撃で貢献したいと思っていました。最高の結果になってくれて良かったよ」と、7月22日のDeNA戦以来の一発で同点に追い付いた。

 八回には糸井が超特大の13号右越えソロ。巨人・2番手の沢村の150キロ直球を完璧に捉えると、打球は右翼席を越え、その上に設置されている広告を直撃する決勝アーチとなった。

 先発の秋山は6回を投げ、10安打されながらも2失点と粘りのピッチング。初回、重信、阿部に適時打を許し、2点を失った。その後も毎回のように安打を許したが、2回以降は得点は与えず、逆転を呼び込んだ。2番手の桑原が4勝目。ドリスが24セーブ目を挙げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス