文字サイズ

阪神、打線が沈黙して連勝が3でストップ 才木が阿部の一発に沈む

 巨人に敗れ、厳しい表情で引き揚げる阪神・金本監督=東京ドーム
8回阪神1死、空振り三振に倒れベンチへ戻る阪神 ウィリン・ロサリオ=東京ドーム(撮影・田中太一)
2枚2枚

 「巨人3-1阪神」(8日、東京ドーム)

 阪神の連勝は3で止まった。先発の才木が6回6安打3失点で5敗目。初回、阿部に3ランを浴び、1球の失投に泣いた。

 この回、2死からマギー、岡本に連打を許して二、三塁を背負うと、阿部に対して2-2から5球目だ。外寄り高めに浮いた147キロを狙われた。打球は右翼スタンド中段に着弾。たった1球の失投。痛恨の形で初回に3点のビハインドを背負った。

 「立ち上がりに四球を出したくないという意識を強く持ちすぎて、甘く入った直球を狙い打たれてしまいました。毎回点の取られ方が悪く、味方に流れを持ってくるような投球ができず、2回以降はなんとか粘りの投球ができただけに、もったいない登板になってしまいました」

 才木は二回以降、粘りの投球で追加点を許さない。反撃を待ったが、巨人の先発・吉川光の前にあと1本が出なかった。この日は、3番にナバーロを起用。調子が下降気味の陽川に代わって、大山が7月16日・巨人戦以来のスタメン出場となった。

 まずは二回、1死一、三塁の好機を作ったが、続く中谷が空振り三振。梅野の四球後、才木も見逃し三振に倒れた。さらに六回にも北條、糸井の安打で1死一、三塁を作り、ロサリオの四球で満塁としたが、大山が二飛、中谷が中飛に倒れて好機を逸した。

 九回、1死一塁で代打・福留が適時三塁打。ベテランが意地を見せたが、後が続かず反撃はここまでだった。

 9日は秋山が先発予定。7月20日・DeNA戦(横浜)以来、約3週間ぶりの1軍マウンドで6勝目と、チームのカード勝ち越しを狙う。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス