文字サイズ

阪神ホームベースが遠い展開 六回絶好の同点チャンスも無得点

6回、左飛に倒れ天を仰ぐ阪神・陽川尚将=甲子園(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-DeNA」(8日、甲子園球場)

 阪神が同点チャンスを生かせなかった。

 六回の守備でファインプレーを魅せた北條が、勢いそのままに、先頭打者としてカウント1-1から井納の内寄り145キロ直球を左前に運ぶ。3番・福留は三振したが、その間に一塁走者の代走・植田が盗塁成功し、1死二塁と同点の好機を演出する。

 4番の陽川は捉えた当たりだったものの左飛。それでも続くナバーロが四球を選んで2死一、二塁と一打逆転とチャンスを広げる。ここでDeNAは井納から砂田へスイッチしたが、5番・中谷は見逃し三振。結局無得点で、ホームベースが遠い展開となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス