文字サイズ

小野 今季最短3回2/3で降板 制球定まらず

4回途中で降板する阪神・小野泰己(左)とマウンドへ向かう阪神・尾仲祐哉(27)=札幌ドーム(撮影・田中太一)
4回、日本ハム・西川遥輝に四球を与え降板する阪神・小野泰己(中)=札幌ドーム(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 「交流戦、日本ハム-阪神」(13日、札幌ドーム)

 先発した阪神・小野が今季最短の3回2/3で降板。3安打3失点、5四球と制球が定まらなかった。

 初回、先頭四球から1死三塁を背負ったが、何とか粘って近藤を空振り三振に。中田を四球で歩かせた後、レアードも空振り三振に斬ってピンチを脱した。

 二回も先頭のアルシアに右前打を浴び、得点圏に走者を進めると、三回に1死二塁から中田に先制の中前適時打を浴びた。何とか最少失点に切り抜けると、打線が四回の攻撃で3点を取って逆転に成功した。

 流れを引き戻したかに見えたが、直後のマウンドだった。再び先頭の石井一に四球を与え、2死を取ったが、西川にも四球で一、二塁。5個目の四球を与えると金本監督もたまらずベンチを出て、交代を告げた。

 だが、代わった2番手の尾仲が大田、近藤、中田に3連続タイムリーを許すと、続くレアードには痛恨の13号3ランを浴びた。尾仲は10試合目の登板で初失点。この回、一挙6点を失った。

 小野は前回2日の西武戦でも4回4失点KO。5月5日・中日戦での3勝目を最後に、これで登板5試合連続で勝ち星から遠ざかっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス