文字サイズ

【一問一答3】阪神・揚塩社長 山脇容疑者逮捕で対応「非常に信頼しておりました」

謝罪会見をする阪神・揚塩健治球団社長=阪神電鉄本社
1枚拡大

 阪神の山脇光治スコアラーが盗撮容疑で12日に逮捕されたことを受け、揚塩健治球団社長が13日、大阪市内の電鉄本社で報道陣に対応。15秒近くにわたり頭を下げ、「被害に遭われた方に心より、おわびを申し上げるとともにファンの皆様、関係者の皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。【その3】

 以下は一問一答。

 -山脇スコアラーの人物像は

 「選手としても長く、15年間、活躍しましたしその後も20年にわたってコーチ、スコアラーをしておりまして、球団としては非常に信頼しておりました。それだけに、大変残念です」

 -社長自身が抱いていた山脇スコアラーの人物像は?

 「私が山脇容疑者を知っていますのは、若い選手にも遅くまでノックを付き合って選手を育てるというコーチ像を他のコーチからも聞いておりましたし、私もそのように理解しておりました。大変、残念に思っております」

 -チームへの影響などは

 「このような事案ですのでチームへの影響はあると思います。しかし、ペナントレースを戦っている大事な時期でもありますので、監督以下、選手にはファンにいいプレーを届けるように頑張ってもらいたいと思います」

 -再発防止策については

 「やはり職員全員に対するコンプライアンスの教育が足りていなかったと考えております。今回の件で再度、調べまして毎年11月に納会があるんですけども、その前に研修会を開いておりました。選手を中心にコンプライアンス、それから暴力団等の排除、税金の問題など研修会で毎年やっておりました。しかし、スコアラー、スカウトは遠隔地での活動であるために出席は任意となっておりました。事実、調べましたら山脇容疑者はここ数年、研修会には参加しておりませんでした。そういった事実を球団としては見過ごしていた。従って職員全員にコンプライアンス教育をはじめとした社員教育を複数回重ねて徹底してまいりたいと反省しております」

 -契約社員ということだが、何年からその形に?

 「コーチを辞めて、スコアラーになった2016年から1年契約の契約社員に」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス