文字サイズ

四回、福留の左前打から追いつく 俊介の併殺の間に同点

4回、左前打を放つ阪神・福留孝介=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神-中日」(4日、甲子園球場)

 阪神は、俊介の併殺の間に1点を返して同点とした。

 1点を追う四回。先頭の福留が左前打で出塁。続く糸原の打球を二塁・阿部が後逸して無死一、三塁と好機を広げた。

 ここで打席に立った俊介。2ストライクからの3球目、小笠原の投じた変化球にタイミングを外されて打球は遊撃へのゴロに。6-4-3の併殺となったが、その間に三走・福留が本塁に生還して試合を振り出しに戻した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス