文字サイズ

金本監督不満「強いチームなら一気に…」 福留執念同点弾も初の延長戦敗北

 10回、勝ち越され、ベンチで厳しい表情の金本監督。左はドリス
1枚拡大

 「阪神2-3ヤクルト」(13日、甲子園球場)

 球場のムードも高まり、さあ延長でサヨナラを…といった流れのはずが、直後に勝ち越されてしまっては勢いも付かない。福留の劇的な同点アーチを生かせなかった敗戦。そこに金本監督の不満が残った。

 「あそこで打ってくれるのが孝介であって。そのホームランを勝ちに結び付けないと。チーム全体で。その意識というか、意識を持って戦ってほしいよね。投げてるドリスが、これ(福留の同点弾)を絶対に生かさないとという気持ちでね、そういう気持ちがやっぱり大事ですよ」

 九回、福留の同点弾で追い付いた直後の延長十回だ。ここで投入したドリスが誤算となった。ここまで6戦5セーブと安定していた守護神だったが、先頭からの二塁打と犠打で1死三塁となり、雄平に勝ち越しの左前適時打を許してしまった。

 ドリスは「失投というか、うまく打たれました。感じは全然悪いと思ってないですけど。今日よりもいい結果が、個人、チームとして出せるように頑張ります」と反省。もちろん、八回まで3安打と沈黙した打線も課題は残ったままだが、その展開で九回に追い付いた流れを考えれば、何としても勝ちたかった。

 「ここまで追い付いたんなら、強いチームなら一気にひっくり返さないと。そういうチームでないと、勝ち上がっていけないと思う」と金本監督。8日の中日戦では4点差を逆転した直後にマテオの乱調で敗戦。精彩を欠く打線を含め、投打がかみ合わなければ白星も積み重ならない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス