文字サイズ

糸原が代打2点適時打 大差の中で意地見せる

6回、2点適時二塁打を放つ阪神・糸原健斗=甲子園(撮影・北村雅宏)
6回阪神無死満塁、2点適時二塁打を放つ阪神・糸原健斗=甲子園(撮影・高部洋祐)
6回阪神無死満塁、阪神・糸原健斗は左越えに適時二塁打を放つ=甲子園(撮影・山口登)
3枚3枚

 「オープン戦、阪神-ヤクルト」(13日、甲子園球場)

 阪神・糸原が大きなビハンドを背負う試合展開の中、意地の適時打を放った。

 10点を追う六回、先頭の鳥谷がオープン戦初安打となる左前打で出塁。西岡、伊藤も連打で続き、無死満塁の好機を演出し、打席を迎えたロサリオが押し出し四球を選んだ。

 なおも無死満塁で代打出場した糸原は、ヤクルトの2番手・梅野が投じた外角への150キロ直球を左翼線へはじき返した。これが2点適時二塁打となった。

 さらに1死二、三塁では高山が放った二ゴロの間に1点を追加。この回4安打で4点を返した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス