文字サイズ

能見 14日の先発に向けブルペン調整 今年初めての本拠地登板

キャッチボールの球を取り損ね、島本(手前)に拾ってもらう能見
1枚拡大

 14日のヤクルト戦(甲子園)に先発する阪神の能見篤史投手が12日、甲子園でブルペン入りして調整した。

 「自分の中で確認もあるし、捕手とも話をしているのでね。それがうまくできるか」とテーマを掲げた。

 オープン戦初登板となった、前回4日のソフトバンク戦では3回6失点。既に開幕ローテ入りは確実だが、今年初めての本拠地登板を前に気を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス