文字サイズ

ロサリオが来日初安打 紅白戦第2打席で岩貞から左翼前へ

紅白戦の4回、左前へ安打を放つロサリオ(投手・岩貞)=宜野座
紅白戦の6回、2打席連続安打となる左前打を放つロサリオ(後方中央は金本監督)=宜野座
4回、共に安打で出塁し生還した阪神 ウィリン・ロサリオと阪神・大山悠輔はハイタッチを交わす=宜野座(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神紅白戦、紅組-白組」(7日、宜野座)

 新外国人のウィリン・ロサリオ内野手が、チーム初実戦となる紅白戦に紅組の「4番・DH」で先発出場。四回2死走者なしで迎えた第2打席、左腕・岩貞から左翼前へ“来日初安打”を放った。

 初球を捉えた。外角寄りの147キロ速球をコンパクトにスイング。鋭い打球は左翼の芝生前へ弾み、スタンドから歓声と拍手が送られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス