文字サイズ

ドラ3熊谷、赤星級ベースランニング 速いだけじゃない!最短ライン疾走

 ベースランニングで二塁へ走る熊谷(撮影・田中太一)
1枚拡大

 阪神の新人合同自主トレが22日、鳴尾浜で行われ、ドラフト3位の熊谷敬宥内野手(22)=立大=が、ベースランニングで赤星級の走力を見せた。大学時代に計測したダイヤモンド一周13秒8は元阪神・赤星憲広氏の13秒6に匹敵しており、確かな戦力となりそうだ。

 真っさらなグラウンドに刻んだ足跡は、他の選手が走るラインと明らかに違っていた。二塁ベースを蹴って三塁へ向かう際、熊谷の足跡はほとんど膨らむことなく、誰よりも最短ラインを通過。見守った伊藤トレーニングコーチは「(チームトップの)植田と比較しても遜色ない。ただ速いだけじゃなく、しっかりとした技術がある」とうなる。

 通常、ベースランニングではスピードに乗ってベースを蹴ると、大きく膨らんでタイムロスしてしまう。だが、熊谷はあえてベース手前で少しだけ膨らみ、一気に体を切り返して最短ラインを駆け抜ける。

 「最短で、というのは常に意識してます。実際に足の速い選手のプレーを見ていると、最短距離を走っているので」と明かした熊谷。参考にしたのはパ・リーグで昨年を含む通算2度の盗塁王を獲得した日本ハム・西川だという。試合の映像やユーチューブなどで参考にし、独学でベースランニングの技術を育んできた。

 その結果、大学時代にたたき出したタイムは13秒8。プロ野球界で14秒を切れば超一流と言われるように、入団から5年連続盗塁王、球団記録となる通算381盗塁をマークした赤星氏が残したタイムは13秒6だった。その記録に肉薄している事実が、戦力になれるだけの技術とスピードを証明している。

 現在はスイッチ打者転向に取り組んでおり、この日は自らの意志で全て左打席からスタートを切った。それも「左の方が一塁へ近いので、左でやっておかないと感覚も違うので」と、キャンプやその後の実戦で戸惑わないようにするための準備だった。

 一塁到達タイムも大学時代は右打席からでも4秒を切ることがあったといい、左打席からであれば、赤星氏が常時計測していた3秒台中盤をマークすることも夢ではない。長らくチームのウイークポイントと指摘され続けた走塁部門。ドラフト4位の島田(上武大)とともに、熊谷がその弱点を埋める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス