文字サイズ

高山は200万円減でサイン 2軍降格も経験「テレビで見る阪神戦は不思議な感覚」

ダウンで契約を更改した阪神・高山俊阪神・高山俊=甲子園(撮影・飯室逸平)
契約更改を終え会見する阪神・高山俊=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 阪神の高山俊外野手(24)が5日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸4000万円から、200万減の3800万円でサインした。(金額は推定)

 プロ2年目で迎えた今季は、103試合に出場し、打率・250。6本塁打、24打点に終わった。オープン戦では12球団最多タイとなる4本塁打をマーク。最高のスタートを切ったが、その後失速。8月18日には、プロ入り後初の2軍降格となった。

 昨季は新人王に輝くなど躍進の1年だっただけに、悔いが残るシーズンに。出場5試合で快音を響かせられないなど、らしい打撃ができないもどかしい日々を送った。「テレビで阪神戦を見ることが初めてだったので、不思議な感覚。自分も頑張らないと、という気持ちだった」と、ファーム生活を振り返った。

 外野は激戦区だ。俊介、中谷らとのレギュラー争いへ、勝ち抜かなければ試合には出られない。「自分のやるべきことをしっかりやりたい」。悔しさを糧に、高山が3年目へ向けて前だけを見つめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス