文字サイズ

金本監督、植田にパワーアップ指令 「過酷だけど」筋肉だけで3キロ増目指せ

 正遊撃手の期待がかかる植田
1枚拡大

 「阪神秋季キャンプ」(10日、安芸)

 正遊撃手候補に挙がる阪神・植田海内野手(21)に対して10日、金本知憲監督(49)がパワーアップ指令を出した。ひと冬を越えるオフの期間で3キロの増量を指令。チーム随一のスピードを落とすことなく、一回りスケールアップを求めた。守備、走力は既に1軍でも上位クラス。課題の打撃力に磨きを掛け、定位置争いに参戦する。

 植田は守備、走塁でスピード感あふれるプレーを見せる。両打ちの打撃では、振る量を増やして徹底強化に励む。潜在能力が高く、将来性豊かな21歳。正遊撃手候補として期待する逸材だ。だからこそ指揮官は、具体的な数字を出して求めた。

 「かなり過酷な設定だけど、欲を言えば体脂肪率が一緒でね。3キロくらい増えてくれれば。筋肉だけでというのはなかなか難しい」

 食べるだけじゃなく、筋肉量だけのアップだ。「食事制限をしないといけないし、選んで食べないとね」。具体的には糖分、油分、麺類などを控えてビタミン、タンパク質主体の食事を提言。そうすればスピードは、落ちないどころか「上がってくる」と断言する。

 国内FA権行使を表明した大和の去就は流動的。植田には正遊撃手、正二塁手の期待がかかる。当初、25日から予定していた台湾ウインター・リーグの参加を取りやめ、球団は体力強化に専念させる方針を固めた。指揮官は「(成長次第で)面白い存在になる」と言う。

 「振る力、スイングのスピードを付けるのが一番の目的。今は実戦どうこうやらせるよりは、体力作りをさせる方が先かなという判断」。確かな道を歩んでいるだけに、体力さえ付けば…というのが、指揮官の見解だ。「この冬、頑張ります」と植田。筋肉量3キロアップで定位置を奪う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス