文字サイズ

【新井・一問一答2】兄の存在は「自分の一番の味方」

引退会見を終え、すっきりとした表情をみせる阪神・新井良太=阪神球団事務所(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 阪神の新井良太内野手(34)が11日、兵庫県・西宮市内の球団事務所で引退会見を行った。涙はなく、スッキリとした表情で約20分間、監督、コーチ、スタッフ、選手やファンに向けた感謝を口にした。

 【以下、一問一答】

 -プロ野球生活12年間。あらためて引退を決意した理由は。

 「1年1年が勝負なんですけど。今年は本当に、一番強い覚悟を持って臨んだシーズン。腹をくくって臨んだシーズンでした」

 -そのシーズンはどうだったのか。

 「いい意味でいろんなことを考えさせられた、経験できたシーズンでした」

 -まだできるという声もあった。

 「やっぱり数字のケジメをとらないといけないかな、という気持ちでした」

 -1軍で活躍することが一番か。

 「プロ野球選手は1軍の舞台にいて、そこで結果を出してナンボだと思っています」

 -引退を伝えたときの周囲の反応は。

 「一番に相談したのは、兄(貴浩=広島)だったので。オールスター明けくらいから考えて、兄には相談して。兄は『お前が決めたらいい』と。『やるにしても、やらないにしても、お前が決めたらいい』と、親身になってアドバイスをくれた。両親はやって欲しそうだったが、兄が『お前の人生。お前が決めたらいい』と言ってくれました」

 -阪神でも共にプレーした。兄の存在は。

 「自分の一番の味方であり、兄の一番の味方は自分だと思っています」

 -阪神で活躍した思い出は。

 「やっぱり2011年の秋のキャンプで、片岡さん(打撃コーチ)に付きっきりで指導していただいて。翌年に少し試合に出させてもらったので。本当に片岡さんには感謝しています。これでダメならもういい…と思えるくらい教えていただいたし、この人に付いていこうという方だったで。片岡さんと出会えたことには、本当に感謝しています」

 (続けて)

 「去年、今年と思うように結果が出せなくて。申し訳ないというか、自分が打って恩返しがしたかったです」

 

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス