文字サイズ

大山が走者一掃の3点三塁打「初球から思い切って」プロ初の二塁で先発

5回、走者一掃のタイムリー3点三塁打を放つ大山(撮影・北村雅宏)
5回、3点適時打を放ち、三塁に滑り込む大山(撮影・高部洋祐)
5回阪神、2死満塁、走者一掃のタイムリー三塁打を放ち激走する阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「阪神-中日」(10日、甲子園球場)

 阪神の大山悠輔内野手が、貴重な、貴重な追加点をたたき出した。

 1点リードで迎えた五回だ。先頭の代打・高山が右翼線へ運び二塁打。一振りでチャンスメークすると、2番・植田、4番・福留がフルカウントから四球を選び、2死満塁とした。

 ここで打席には5番・大山。その初球、甘く真ん中に入ってきた直球を見逃さなかった。打球は中堅の頭上を大きく襲った。走者一掃の3点適時三塁打。ルーキーのバットで、4-0とし、中日を大きく引き離した。

 「積極性が持ち味なので、初球から思い切って打ちにいきました。追加点のほしいところでランナーを返すことができてよかったです」と振り返った。

 この日、大山は「5番・二塁」で先発出場。プロ入り後初めての二塁の守備に就いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス