文字サイズ

藤浪「悔しい」広島にリベンジ誓う でも…まずは2軍で「結果残す」

 練習する藤浪
1枚拡大

 阪神・藤浪晋太郎投手(23)が19日、鳴尾浜球場で行われた2軍残留練習に参加。前日18日の広島の優勝を受け「やっぱり強いですね。走攻守全てにおいてレベルの高いチーム」と王者の力を認めつつ、リベンジを誓った。

 CSを勝ち進めば、必然的に当たる難敵。「調子自体は悪くなかった」という5日・広島戦(マツダ)は4回5失点。「力ではね返された。力の差を痛感させられた。すごく悔しい」と振り返る。やり返す-。反骨心を持って練習する日々。まずは自身のやるべきことに集中する。

 「今はCSを目指している訳ではない。結果を残してから、上の判断」と足元を見つめる。先発する21日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に向けて「制球面と組み立て、ピッチングを意識して。ファームなので思い切って投げられるし、いろいろ試しながら投げたい」と意気込んだ。タダでは終わらない。最後に一泡吹かせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス