文字サイズ

藤浪また抹消も前向き 過去3度と「次元が違う」 金本監督も「戦力」

 鳴尾浜で調整する藤浪
1枚拡大

 阪神の藤浪晋太郎投手(23)が13日、出場選手登録を抹消され、鳴尾浜での2軍残留練習に合流しキャッチボールなどを行った。抹消は今季4度目。残り14試合での2軍降格に「切り替えて、投げるところでしっかり投げて、やることをやるだけ」と話した。

 先発した12日の巨人戦では、3回1/3を投げ4安打4失点。5-1の四回、先頭の坂本勇に死球を与えた直後に突如乱れ、1点差に迫られて降板した。

 与死球後に崩れる形が続いているが「ボール自体は悪くない。(過去の抹消とは)次元が違う」と藤浪。金本監督は「もちろん(CSを含めて)戦力として考えている。そのための再調整」と説明した。18日の広島戦先発は、2軍で調整を続ける岩貞らが代役の有力候補となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス