文字サイズ

阪神・北條が押し出し四球選び追加点 マイコラスから五回までに4得点

5回、マイコラス(左)から押し出しの四球を選ぶ北條=東京ドーム
1枚拡大

 「巨人-阪神」(21日、東京ドーム)

 連敗中の阪神は五回、北條が押し出し四球を選び、追加点を奪った。

 2死から4番・福留が、左中間を破る二塁打で出塁した。続く原口が死球を受けると、鳥谷は四球を選んで2死満塁。北條もフルカウントから1球、ファウルで粘った7球目、低めの148キロ直球をきっちりと見極めた。

 福留は開幕戦以来となる3安打の活躍。初回に先制の2号3ランを放つと、三回には中前打で出塁していた。チームとして過去、マイコラスと7試合で対戦し、0勝4敗。奪った得点の最多は3点と苦手にしていた。4番の一発から難敵を攻略。五回を終えて4-1とリードしている。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス