文字サイズ

ヤクルト戦乱闘騒ぎ制裁金 矢野コーチ15万円 ヤクルト・バレは20万円

4日のヤクルト戦で乱闘となり、矢野コーチ(中央)を投げ飛ばすバレンティン
1枚拡大

 プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは5日、前日4日の阪神-ヤクルト(1)戦(京セラ)で起こった死球を巡っての乱闘騒ぎに関し、暴力行為で退場となったヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)に厳重注意と制裁金20万円、阪神・矢野燿大作戦兼バッテリーコーチ(48)に厳重注意と制裁金15万円を科した。

 この試合では五回無死一塁で阪神・藤浪がヤクルト・畠山に対し、頭部付近への死球を与えたことから両軍入り乱れての乱闘に発展。バレンティンが矢野コーチを振り払って突き倒した行為に矢野コーチが応酬し、両者が退場となった。

 両者の制裁金に違いが見られることに関しては、バレンティンの行為が乱闘のきっかけとなったことを重く見たことによるとした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス