文字サイズ

マテオ ケンカ投法でピンチ脱出 金本監督も絶賛「オレは大好きや」

9回、豪快なフォームで投げ込むマテオ 
1枚拡大

 「オープン戦、ヤクルト3-3阪神」(19日、神宮球場)

 阪神・金本監督の口調が、一気に熱を帯びる。試合後の会見の最後に、自ら切り出した。「今日は、一番はマテオやな」。上本のミスに言及せず、興奮気味に振り返ったのは、サヨナラの危機を救った右腕の気迫だった。

 「あの怒りのピッチング。何て言うの、ああいう姿勢はオレは大好きやな。ケンカ腰で投げてるみたいなね。あれでいいと思うよ。後ろの1イニングをいくピッチャーはああいう闘争心でね」

 指揮官がうなった圧巻の投球だ。1点リードの九回。マテオが登板すると、先頭への安打と上本の連続失策で無死満塁に。心乱れてもおかしくない状況で、上田への死球で同点。なおも無死満塁となったがここで魅せる。

 「あの状況は三振が一番欲しい場面。それが取れて勢いに乗って、開き直って投げることができました」とマテオ。まずは荒木を2ストライクから2球続けたスライダーで空振り三振を奪い、続く谷内はスライダーで3球三振に。最後は中村を4球連続のスライダーで三ゴロに仕留めた。

 9球続けたスライダーでのショータイム。金本監督は「(流れ的に)自分もブチ切れるし。でも、いい方にブチ切れてくれたから。あのガッツをチームに浸透させたいね」と称えた。嫌な形で終わりそうな流れだっただけに、余計にマテオの「熱さ」が心に響いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス