文字サイズ

北條が竜のドラ2にライバル心メラメラ 光星学院時代から意識していた

 阪神・北條史也内野手(22)が22日、中日からドラフト2位指名を受けた京田(日大)にライバル心を燃やした。光星学院(現八戸学院光星)時代、京田の青森山田高には公式戦で全勝していたものの、その当時から意識していた存在だった。同級生であり、プロの先輩としても負けられない。

 「(京田は)守備がめちゃうまかったです。1年からレギュラーだったので、ライバルと思っていました。負けたくないですね」

 京田が21日に中日から指名あいさつを受けた時のことだ。北條に関して「こっちは意識していましたが、向こうは覚えているかどうか」と話したが、北條もしっかりとライバルのことを覚えていた。高校時代は負けなかったが、それは過去のこと。同じセ・リーグでもあり、ここからが新たな戦いとなる。

 この日は、秋季練習が休日ということもあり、静養につとめた。23日からの秋季練習は、秋季キャンプまでの最終クール。まずはチーム内での競争に勝つ。勝負はそこからだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス