文字サイズ

ドラ4望月のデビュー登板で今季終了

9回巨人無死、巨人・ギャレットを空振り三振に斬る阪神・望月惇志=甲子園(撮影・飯室逸平)
プロ初登板で最後を締め、ナインと勝利のハイタッチをかわす阪神・望月惇志=甲子園(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「阪神6-0巨人」(1日、甲子園球場)

 阪神・ドラフト4位の望月が伝統の一戦で圧巻の最速153キロデビューだ。6点リードの九回、どよめきとともにマウンドへ。魅力たっぷりのルーキーは持ち味を存分に発揮した。

 先頭ギャレットへ、真っ向勝負。初球149キロストライクで球場を沸かせると、カウント2-2から148キロを外角に決めて空振り三振に斬った。亀井に左前へ運ばれたが中井は147キロで二ゴロ。最後は堂上を150キロで遊ゴロに抑えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス