文字サイズ

7連勝締め、岩貞が初の10勝到達

6回、三者凡退に抑えた阪神・岩貞祐太は阪神・北條史也(右)とタッチ=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚

 「阪神6-0巨人」(1日、甲子園球場)

 阪神が7連勝で今季最終戦を飾った。先発の3年目・岩貞が7回6安打無失点で、自身初の2桁勝利となる10勝目(9敗)を挙げた。

 八回は引退の福原がラスト登板し、立岡を二飛に打ち取って3番手・安藤と交代した。九回は望月が登板した。

 初回2死二、三塁からゴメスの中前適時打で2点を先制。二回は1死二、三塁から北條の中犠飛で1点。七回は無死二、三塁から上本の中堅適時二塁打で2点を追加。八回も福留の犠飛で1点を加えた。

 2位・巨人は3連敗で今季のレギュラーシーズンを終了。先発・大竹寛は4回6安打3失点で6敗目(6勝)。8日から東京ドームで3位・DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージに臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス