文字サイズ

鶴岡が今季限りで引退 1軍出場10試合のみ「超変革」の中で2軍暮らし続く

 阪神・鶴岡一成捕手(39)が今季限りで現役引退を決意したことが28日、わかった。95年度ドラフト5位で横浜(現DeNA)に入団し巨人、阪神と渡り歩いてきた苦労人。21年間に及ぶプロ生活が、静かに幕を閉じる。

 今季は1軍戦10試合の出場にとどまり、若手主体の「超変革」の中で2軍暮らしが続いた。掛布2軍監督が「腐らず一生懸命やってくれている。彼には感謝したい」と言った通り若手捕手へのアドバイスなど、ベテランらしい姿も見せていた。

 昨年は、不振続きの藤浪を巧みなリードで再生させた。功績が、色あせることはない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス