文字サイズ

メッセンジャーが2年ぶり完封12勝目

力投する阪神先発のランディ・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
8回、中日・大島洋平を打ち取りガッツポーズを見せる阪神 ランディ・メッセンジャー=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「中日0-2阪神」(24日、ナゴヤドーム)

 阪神が3連勝。先発・メッセンジャーは9回3安打11奪三振無失点。2年ぶりの完封で12勝目(11敗)を挙げた。

 二回に原口の中越え11号ソロで1点を先制。三回は北條の2試合連続となる左越え5号ソロで2点目。

 138球での完封劇にメッセンジャーは、「これ以上ないうれしい気持ちでいっぱいです。(前回のナゴヤドームも吉見と投げ合いで0-1)前回は吉見投手に打たれて負けたので、そのお返しができた。(捕手の)原口君が打ってくれ、そのうえ2人で一生懸命ゲームをつくって完封できて最高の試合だった」と語った。

 メッセンジャーは今季177奪三振となり、トップの巨人・菅野の184奪三振が射程圏に入った。「自分としてはいつでも投げたい。言われたところでしっかり投げ、チームは一つでも上の順位で終われるようにしたい」と話した。

 中日は3連敗。先発・吉見が6回2/3、6安打2失点で7敗目(6勝)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス