文字サイズ

阪神、ヤクルト3連戦3連敗 苦手山中打てず

6回阪神1死一塁、空振り三振の三振に倒れるゴメスと悔しそうな金本監督=甲子園
6回、空振り三振に倒れるゴメス=甲子園
2枚2枚

 「阪神1-3ヤクルト」(28日、甲子園球場)

 阪神がヤクルトに逆転負けで、今季6度目の同一カード3連戦3連敗を喫した。打線が、苦手とするヤクルト先発・山中を捉えられず、完投を許した。

 初回、高山の中犠飛で先制。しかし二回以降は、毎回のように走者を出したが、ホームが遠かった。

 先発の岩貞は五回、三塁・上本の失策などで1死一、三塁から、バレンティンに左前適時打を浴びて追いつかれると、なおも2死二、三塁から西浦に左前へ2点適時打を打たれて勝ち越された。5回を投げて8安打3失点で9敗目(5勝)を喫した。

 ヤクルト先発の山中は粘り強い投球。7安打1失点で、今季6勝目(9敗)を完投で飾った。これで阪神戦は通算7試合で5勝目(1敗)となった。ヒーローインタビューでは「自分の持ち味を出すことだけを考えて投げた結果だと思います。バッターのタイミングで打たせない、打ち損じを誘うようなピッチングを心がけています」と阪神打線を封じた秘けつを明かした。相手先発の岩貞は熊本・必由館高の後輩に当たる。「岩貞選手も必死に頑張っていたので、僕も負けないように投げることができました」と胸を張った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス