文字サイズ

阪神が逆転勝ち 連敗3でストップ、メッセ粘投8勝目

逆転勝利し、阪神 ランディ・メッセンジャーとハイタッチを交わす阪神・金本知憲監督(中央)=長野(撮影・出月俊成)
8回、安打を放つ福留
2枚2枚

 「ヤクルト1-3阪神」(12日、長野オリンピックスタジアム)

 阪神が逆転勝ちで連敗を3で止めた。先発・メッセンジャーは7回6安打1失点で8勝目(6敗)を挙げた。

 負ければ前半戦の最下位ターンが決まった阪神は、0-1の八回1死一、二塁から代打・原口の中前適時打で同点。なおも1死満塁からゴメスの二ゴロの間に1点を勝ち越し。さらに2死一、三塁から高山の左前適時打でこの回3点を奪った。

 ヒーローインタビューではアナウンサーが「長野の皆さん、久々のタイガースのヒーローインタビューです」と前ぶりすると、場内からは苦笑も漏れた。マイクを向けられたのは3点目をたたき出したドラフト1位新人の高山。「(八回勝ち越し後)もう1点というところだったので気持ちだけで打った。打ててうれしい。(久々のスタメンで猛打賞)チャンスをもらったんで、何としてもと思い、結果が出せて良かったです。長野の方は甲子園に足を運べないファンの方もたくさんいると思うので、勝ちを見せられて良かったです」と語った。

 ヤクルトは二回2死三塁から今浪の右前適時打で1点を先制。

 先発・山中は7回4安打無失点。2番手・平井が1敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス