文字サイズ

金本監督「納得いかない」NPB説明も

 11日・阪神対巨人戦のコリジョンルール適用について見解を述べる(左から)杵渕和秀セ・リーグ統括と友寄正人審判長
1枚拡大

 阪神・金本知憲監督(48)が13日、横浜スタジアムでのDeNA戦の試合前に、セ・リーグの杵渕和秀統括と友寄審判長から、12日に提出した11日・巨人戦でのコリジョンルール適用への意見書に対する説明を受けた。ただ、納得したわけではなく、改めて再回答を要求。両者の見解は平行線のまま終わった。

 球場到着後、高野本部長、谷本常務、高代ヘッドコーチ、矢野作戦兼バッテリーコーチらと共に約50分間、説明を受けた。「捕手は走路に入らなくても捕球できたという判断だった」(友寄審判長)と、コリジョン適用が適切だったとの見解を伝えられたが、指揮官は到底承服できなかった。

 「原口のプレーは間違ってるとは思ってないし、あれでコリジョン取られたらちょっと納得はいかない」。原口の動きはコリジョンを意識した上での捕球動作の一環という見解を改めて示し、「(審判団が)もう一回映像を見直して、その後どうだったかというのを聞かないと」と再回答を求めた。

 一方、杵渕統括は「我々としては適切な対応だったという見解なので、このことについて(改めて)回答することはないです」と説明。審判団の中でもいくつか意見はあったもようだが、今回の事例を踏まえて、判断基準をすり合わせていくとの姿勢を崩さなかった。

 金本監督は「(再回答は)もちろん、なるべく早く、近々にね。同じようなプレーがすぐにあるかもしれないから」と話す。膝を突き合わせても、両者の主張は最後までかみ合うことはなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス