文字サイズ

鳥谷に「乳首打法」金本監督イジッた

 「阪神春季キャンプ」(4日、宜野座)

 阪神・鳥谷敬内野手(34)が4日、フリー打撃終了後に金本知憲監督(47)から初めて直接「メス」を入れられた。昨季は143試合で打率・281、6本塁打、42打点。今季は、09年以来の20本塁打が目標だ。指揮官直伝の「乳首打法」を完全習得し、新生タイガースの象徴としてチームを先導する。

 南国の日差しが照りつけるグラウンドで、鳥谷はひたすらにバットを振り込んでいた。力強い打球に、詰めかけた2300人のファンからは拍手がわき起こる。43スイングで9本の柵越え。大粒の汗をかき、打撃ケージを出た。すると、金本監督が近寄ってきた。

 「次の特打の時とかに『こうやったらどうだ?』ということ」

 片岡打撃コーチも同席し「青空教室」が開講。指揮官が鳥谷に直接打撃指導を行うのは、就任後初となる。「物足りなさ過ぎる。お前が変わらないとチームは変わらない」。監督となった直後、厳しい言葉をかけた。だからこそ、背番号1の動向には注目している。弱点を指摘し、厳命する「20本塁打」へ一歩ずつ近づけさせる。

 鳥谷も本気だ。約5分間の指導の中で何度も相づちを打ち、両者の目をじっと見つめながらアドバイスに耳を傾けた。目指すのは「乳首打法」。左胸の乳首辺りを目がけ左ひじを絞り込むスイングが理想だ。金本監督も現役時代にこだわっていたポイントだという。今の背番号1にはこの技術が必要。片岡コーチが意図を明かした。

 「左肩が早く前へ出てきてしまう癖がね。左翼のポール際へ切れない打球を放り込めるように、外角の速い球にも振りまけないようにしないといけない」

 両者はしきりに左腕を左胸付近に動かしていた。左肩が前に出てきてしまうと、ヘッドが走らずボールに力を伝えきれない。左肩を止め、下半身の軸回転と同時に内側からバットを出していく。6日からの第2クールで早速実践するつもりだ。

 また、この日最後の練習メニューのリレーでは高宮と同じく参加者中最年長で出場。「死にそうでした…」。1周300メートルのトラックを2周走り、息も絶え絶え。だが若手に交ざって汗を流す姿は、主将としての責任を感じさせるものだった。

 シートノックなどでも遊撃から声を張り上げ、雰囲気を盛り上げようとする姿勢が目立つ。「超変革」の下に主将も変わろうとしている。沖縄の風が、鳥谷の背中を押す。

2022-08-19
2022-08-18
2022-08-17
2022-08-16
2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24

関連ニュース

編集者のオススメ記事

タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス