文字サイズ

金本監督 緩い空気一変へ“追放指示”

 阪神・金本知憲監督(47)が掲げるトレーニング改革の一端が24日、明らかになった。キャンプ初日からウエートメニューを全体練習に組み込むことが決まっているが、ウエートルームの雰囲気を乱す選手の“追放”を指示していたことが分かった。

 「ウエートルームで寝転んでいたりとか、やっているか、やっていないかのような者は追い出してくれ!」。トレーニング部門の担当者には明確に言い渡していた。「憩いの場」と表現した、これまでの緩い雰囲気を一変するための指揮官の本気度が伝わってくる。

 球団関係者によると「ウエートルームに入っているのは、真剣にトレーニングに取り組んでいる者だけ。そういう意識づけをしてほしい」と具体的に注文しているという。

 また、ウエートトレを単に強要するだけではない。種目別の値はもちろん、体重、体脂肪率、太ももや胸回りなどを定期的に計測し、数値の提出を求めていく。関係者は「打率、防御率の数字と同じような重みをもって見られる監督は初めて」と証言する。

 鍛錬の場の空気を引き締めた上で、測定値は有効活用する。場合によってはトレーニングの数値が1、2軍入れ替えの判断材料の一つになる可能性もある。金本阪神の目玉の一つであるトレーニング改革は厳しい姿勢で進めていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス