文字サイズ

高山 第3クールにマシン打撃再開も

笑顔でノックを受ける高山(手前)と板山(右)
1枚拡大

 昨年10月に右手有鉤(ゆうこう)骨の手術を受けた阪神・高山が17日から始まる鳴尾浜の新人合同自主トレ・第3クールでマシン打撃を再開する可能性があることが15日、分かった。高山が「トレーナーと相談しながらですけど、確実に(ティー打撃か、マシンかの)どっちかになると思います」と明かした。

 ティー打撃の数を増やすだけの可能性もあるが、いずれにせよ練習の強度はアップする。調整の段階が進んだのは間違いない。練習を見守った権田トレーナーは「問題なく振れている」と太鼓判を押した。

 第2クール最終日のこの日は、2日連続で故障後最多となる150本のティー打撃を行った。「無理をすることなく、上げてこられています」。完全復活に向け、ギアを上げてきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス