文字サイズ

ドラ6・板山「筋」の卵 高山に負けん

 阪神のドラフト6位・板山祐太郎外野手(21)=亜大=が6日、甲子園クラブハウス内のトレーニングルームで行われた体力測定で、チームトップクラスの身体能力を証明した。垂直跳びでは75センチを記録。ライバルと話すドラフト1位・高山俊外野手(22)=明大=は74センチ。わずかだが上回り、自らの存在をアピールした。

 「高山がケガをしてできない分、しっかり鍛えて少しでも差をつけられるようにしたいです。負けないようにやっていかないといけないと思っています」

 垂直跳びに関しては、昨年の江越が74センチをマーク。伊藤トレーニングコーチは当時、「上本、大和くらいバネがある」と評価した。今回の板山は、その江越をさらに上回った。

 この日行われた7種目のうち、新人6選手の中で一番の数値をたたき出したのが3~4種目。体幹の強さを測定するトランクローテーションではチームトップの数字をマークした。伊藤コーチは、身体能力の高さに感嘆の声を上げた。

 「トランクローテーションに関してはうちの中谷と同じで最高レベル。バランスもいいし、実戦派という感じがしましたね」

 ドラフト6位からの下克上。身体能力抜群の男は、レギュラー奪取への大きな可能性を秘めている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス