文字サイズ

金本虎、FA中日・高橋聡に即アタック

 中日・高橋聡文投手(32)が国内FA権を行使することが8日、明らかになり、貴重な中継ぎ左腕として調査を続けてきた阪神が獲得に動くことが分かった。高橋聡は14年5月25日に国内FA権を取得し、昨季は同権を有したまま残留。今オフは熟考を重ね、この日までに他球団への移籍を視野に入れた。中日は全力慰留に努めるもようだ。

 金本阪神が実績十分の左腕補強へ全力を尽くす。FA申請期限の10日まであと2日に迫ったこの日、中日の高橋聡が昨季取得した国内FA権を行使することが判明。貴重な中継ぎとして調査を続けてきた阪神が交渉の準備を整え、即アタックすることが分かった。

 福井出身で中日生え抜き14年目の高橋聡が熟考を重ね、他球団への移籍を視野に入れた。同左腕の今季年俸は3000万円(推定)でCランクに相当し、中継ぎ補強を目指すセ・パ複数の球団が獲得に名乗りをあげる可能性がある。福原、安藤、高宮らブルペン陣の高齢化が深刻で、中継ぎ左腕の不足に悩まされている阪神にとって喉から手が出るほど欲しい1ピース。球団幹部は「(高橋が)宣言すれば動くことになるでしょう」と話した。

 高橋聡は落合政権初年度の04年に初の開幕1軍に抜てきされると、中継ぎとして重用され、リーグ制覇に貢献した。当時は最速150キロを超える希少な左腕として、翌05年にはチーム最多の61試合に登板。31試合連続無失点を記録するなど竜のブルペンに欠かせない存在に成長を遂げた。06、07年は好不調の波が激しく脆(もろ)さも露呈したが、08年に再び50試合登板をクリア。浅尾とともに岩瀬につなぐダブルセットアッパーとして不動の地位を築いた。10年には自己最多の63試合に登板し、防御率1・61、31ホールドの活躍を見せ、落合竜3度目のリーグ優勝に貢献した。今季は35試合に登板し3勝3敗、6HP(ホールドポイント)。防御率3・51と本領を発揮できなかっただけに、再起を期す思いは強い。

 金本監督は就任会見で「できれば補強なしで今の選手で勝っていくことが理想ですけど、そうは言っても結果を求められる。じっくり時間をかけて考えていく」と語っていた。やみくもな補強で若手の芽を摘みたくない。そんな新監督の信念は徐々に球団内に浸透しており、実際に今オフ調査に乗り出しながら、途中撤退したケースもある。指揮官と編成が協議を重ね、高橋聡は十分に戦力になると判断。理にかなったFA戦略を練った上で獲得へゴーサインが出された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス