文字サイズ

受諾勧めた仙さん「せかしたらアカン」

 楽天・星野仙一副会長(68)が17日、金本氏の阪神監督就任を受けてデイリースポーツの取材に応じた。阪神監督時代に自らが口説き落としてFA移籍へこぎ着けた金本氏。新たな船出となるまな弟子の背中を力強く押すと同時に、若手育成を目指し、周囲には「せかしたらアカン」とくぎを刺した。

 骨身にしみて知っている、猛虎の指揮官の重圧。まな弟子の決意はイコール、荒波へこぎ出すことを意味する。星野副会長は、「必死にやればいいんだよ。怒るのも必死、ほめるのも必死」とあえてシンプルに金本氏へエールを送った。

 指導者経験がないことなどから決断に時間がかかった金本氏。オファーを受けた当初、本人から相談を受けた際には「こういうのはタイミングがある」と受諾を勧めたという。「カネは(下積みが長く)自分が育つのも大変だったからね」とその努力を知る闘将だけに、指導者としての資質は見込んでいた。

 一方で、そのための土台づくりは必須だ。新監督の一報を聞き、真っ先に口をついたのは周囲への配慮だった。「ファンもメディアもせかしたらアカン。チームづくりはそんなに簡単じゃないんだ」と若手育成へ時間的猶予を求めた。

 「(福留)孝介とか獲って補強はやっているとはいえ、育ってないよな」。常に注目を浴びるのが猛虎の宿命。使って結果が出なければ批判を恐れて使えなくなる。その負の連鎖を断ち切りたい。そのためには「防波堤が必要だよ」と球団内にも意思統一を求めた。

 自身が金本氏を阪神移籍へ導いた際にも「1カ月以上かかった」と苦笑いしたが、「条件だけで簡単にOKするより悩む方が真剣」と今回の苦しい心中もおもんばかった。火中の栗を拾う-とタテジマを着た14年前。新監督の覚悟をその時の自分に重ねた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス