文字サイズ

呉昇桓のCSファーストS出場絶望的

 阪神は8日、巨人と対戦するCSファーストS(10日開幕・東京ドーム)へ向け、甲子園で全体練習を行った。紅白戦などを実施した中、右内転筋の張りを訴えている呉昇桓投手(33)は、キャッチボールだけでブルペン投球再開のメドは立たないまま。現時点でCSファーストSの出場は絶望的で、守護神不在で宿敵と戦わなければならない事態となった。

 前夜の広島の敗戦で、CSの舞台が巡ってきた。訪れた日本一に向けたチャンス。ただ、喜んでばかりはいられない。下克上を狙う猛虎に、暗雲が漂う。和田阪神は、守護神・呉昇桓を欠いたまま、CSに挑まざるをえない状況となった。中西投手コーチは現状をこう明かした。

 「(呉昇桓は)ちょっときついな。(キャッチボール以上の練習は)投げてない。全力で投げられない、と言っている。登録もできない」

 この日、呉昇桓は全体練習に参加。キャッチボールこそ行ったが、ブルペンでの投球練習は再開できないまま。右内転筋の張りを訴えて登録を抹消されたのが、9月26日のこと。3日に1軍の全体練習に合流し、その時点では「試合(CS)に関しては問題ないと思う」と話していたが…。登録のメドも立っていない。

 今季は41セーブを挙げ、2年連続となる最多セーブのタイトルを獲得した、球界を代表する守護神。不在は、あまりに痛すぎる。昨年のCSでは、甲子園での2試合と、東京ドームで果たした4連勝の全てに登板。6戦4セーブと獅子奮迅の働きを見せて、日本シリーズ進出に貢献した。

 和田監督も、呉昇桓に関しては「ちょっと思わしくない」と表情を曇らせた。呉昇桓が離脱すれば、抑えの筆頭候補は福原となる。リーグ戦のラスト2試合は能見をリリーフで起用する形もあったが、CSでは先発に回るため、安藤や高宮らも加え、さらに岩崎も中継ぎに配置転換し終盤のリレーを形成することになる。

 前日、呉昇桓は自身の去就に関して言及。残留の可能性を問われて「そういう気持ちはあります。でもそれは、エージェントに任せている仕事なので」と話した。阪神への愛着もあるが、メジャーから注目を集めているのも事実。CSでの出番もないまま、仮に阪神を去るようなことがあればあまりに寂しい。

 手負いの状況で挑む、CSファーストSの伝統の一戦。守護神不在のピンチは、一丸となって乗り越えるしかない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス