文字サイズ

和田監督退任!後任候補に金本&掛布氏

 阪神が和田豊監督(53)と来季以降の契約を更新しない方針を固めた。24日午後、坂井信也オーナー(67)と南信男球団社長(60)が神戸市内で極秘会談を行い、和田監督の進退について話し合われたもようだ。首位ヤクルトとの差は5ゲームとなり、10年ぶりの優勝が絶望的となった夜、12年から4シーズン続いた和田体制に終止符が打たれることが決まった。シーズン終了を待って、新体制を模索する。後任監督には金本知憲氏(47)、掛布雅之DC(60)らが候補に挙がっている。

 中村勝広GMの悲報から一夜明け、阪神が「和田監督退任」という未来に向けた決断に踏み切った。この日、都内から帰阪した南信男球団社長が極秘裏に向かった先は神戸市内のホテル。その一室で待ち受けたのは坂井信也オーナーだった。

 デイリースポーツの取材に対し両者はともに「きょう、お話しすることは何もない」と、緊急とも言えるトップ会談の中身を明かすことはなかったが、議題が和田監督の進退に及んだことは疑いようがない。

 必勝を期した球団創設80周年のメモリアルシーズンを今季4年目の和田政権に託したが、例年繰り返される秋口のひ弱さをまた露呈した。電鉄本社、球団は昨オフ1年契約を結んだ和田監督の続投指標を「優勝争い」とその「戦いぶり」に置いてきたが、勝負どころで勝ちきれない体質はファンからも見放され、球団内では指揮官の求心力を疑問視する声も増大。もはや「限界」と見なされても仕方なかった。

 巨人にサヨナラ負けした23日の試合後、ナインに中村GMの訃報を伝えた南球団社長は「全力でいいプレーをして1つでも勝ってくれ。それが今できるGMに対する供養になる」と、選手、首脳陣にあらためてチーム一丸を促したが、この夜も最下位の中日相手に気迫なく敗戦。首位ヤクルトとの差は「5」まで開き、10年ぶりリーグ制覇の可能性はゼロに等しくなった。

 ポストシーズンで雪辱を目指すチームは残り7試合を全力で戦わなければならない。CS、日本シリーズに向け、フロントが最後まで和田体制をバックアップするスタンスに変わりはないが、将来に向け、新たな舵(かじ)を切る選択はもはや動かぬものとなった。

 シーズン全日程の終了を待って、新体制の着手に取りかかるものと思われるが、後任候補には金本知憲氏や掛布雅之DCら複数のOBの名前が挙がっている。夏場の優勝ムードから一変、伝統球団は和田体制に区切りをつけ、創設81年目の新体制を模索することになった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス