文字サイズ

阪神、鳥谷と11日に残留交渉行っていた

 今後の動向が注目される鳥谷
1枚拡大

 阪神が、海外FA権を行使しメジャー移籍を目指す鳥谷敬内野手(33)と11日に2度目の残留交渉を行っていたことが12日、分かった。交渉では、残ってほしいという球団の熱意と誠意を伝えたもよう。鳥谷からは、メジャー球団の条件が出そろった上で判断する旨を伝えられたとみられる。

 球団はこれまでも全力で慰留に努めてきた。11月17日には南球団社長が直接出馬して1度目の残留交渉を行い、大型契約を提示していた。一方で鳥谷の代理人、ボラス氏はウインターミーティング中の11日(日本時間12日に)にブルージェイズとの接触を明かすなど、メジャー契約獲得に自信を見せていた。

 この日、鳥谷はトレーニングのため甲子園を訪れた。「(米国からの情報は)聞きました」と説明したが、年内決着については「全然、分かりません」と話すのみだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス