文字サイズ

阪神が建山を調査!中継ぎ陣再建へ

 中継ぎ再建へ‐。阪神が前ヤンキース傘下3Aスクラントンの建山義紀投手(38)の獲得に動いていることが21日、明らかになった。12月には39歳を迎えるが、サイドスローから繰り出す最速148キロの直球と切れ味鋭い変化球は戦力になると判断、虎投再建の救世主の獲得に全力を尽くす。

 フロント陣が海の向こうに救世主を求めた。日本ハム在籍時の2010年シーズン後、海外FA権を行使して、メジャーに渡った建山。不調が目立つ中継ぎ陣再建の切り札として白羽の矢を立てた。

 メジャー4年目となる今季、建山はヤンキースとマイナー契約を結び、招待選手として春季キャンプに参加。スプリングトレーニングでは7試合に登板し、防御率1・13の好成績を残したが、開幕前に3Aスクラントンへの降格を命じられた。開幕後は9試合で0勝1敗、防御率6・08と結果を残せず、5月9日に自由契約となり、移籍先を模索している現状だ。

 メジャーでは、レンジャーズに在籍した11年からの2年間で通算53試合に登板し、3勝0敗1セーブ、防御率5・75の数字を残した。ここ2年間はメジャーでの登板には恵まれていないが、フロント陣は4年ぶりの日本球界復帰でも戦力になると判断した。

 最速148キロの直球に加え、ツーシーム、スライダー、シンカーを持ち球とし、特にスライダーで緩急をつけられるのが大きな特徴。メジャー通算の奪三振率は9・00と高く、チームにはいないサイドスローも魅力のひとつだ。

 「調査に動いているのは事実です。今のチーム状況を考えると、投手はいくらいてもいい状況なので。今後の戦いを考えると、投手陣の整備は不可欠ですから」と球団関係者。すでに球団サイドは条件面を含めた獲得プランをまとめており、建山サイドの返答を待っている状況だ。

 12月に39歳を迎えるが、身辺調査で主だった故障は見当たっていない。大幅な飛躍は見込めないにしても、4年ぶりの日本球界復帰で、メジャーで培い、学んだ財産が生かされる可能性は十分にある。

 勝利の方程式を担う福原、加藤、安藤が本来の力を発揮できていないが、建山の加入で負担が分散されれば、守護神・呉昇桓につなぐ中継ぎ陣再建の青写真が整う。誠意を尽くして、救世主を招き入れる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス