文字サイズ

残っていなかった森 阪神の本音は…

 プロ野球のドラフト会議から2週間近くが経過した。今は指名を受けた選手のもとへ各球団のスカウトらが指名挨拶のために足を運んでいる時期。満点補強に納得顔の球団もあれば、抽選負けという不運に見舞われ不満足な結果となった球団もあるだろう。しかし、いくらクジを外し続けても、代わりに指名した選手への配慮もあるため、関係者は「失敗ドラフト」とは言いづらい。阪神タイガースもそんな球団の一つかもしれない。

 「岩貞も外していたら、森か渡辺。そんなシミュレーションを描いていたんですけどね」

 これは阪神タイガース球団首脳のセリフだ。注目のドラフト、阪神の1位指名は九州共立大の大瀬良大地投手だったが、広島、ヤクルトとの3球団競合の末、広島にもっていかれた。外れ1位で指名した日本生命の柿田裕太投手は日本ハム、DeNAと重複。今度はDeNAに負けた。3度目は横浜商大の岩貞祐太投手。ここでようやく日本ハムとのクジ対決に勝ち、交渉権を得ることができた。とはいえ、「外れ外れ1位」だけに、和田監督のガッツポーズもやや控えめだった。

 ドラフト当日、スポーツ紙はすべて阪神の1位を大瀬良と報じていた。だが、個人的には大阪桐蔭高校の捕手で、昨年まで藤浪(阪神)とバッテリーを組んでいた森友哉の指名を望んでいた。体は小さいがスイングスピードの速い打撃は一級品だ。全日本のメンバーにも選ばれたし、なんといっても藤浪との「黄金のバッテリー」を想像しただけでも楽しいではないか。阪神もそんなことを考えていたのは事実だったようだが、いかんせん即戦力投手が森の魅力を上回ったということだ。

 悲しいのは、阪神のアテがハナから外れていたこと。12球団の入札時点ですでに可能性ゼロ。西武が敢然と森を1位指名していたのだ。こうなればシミュレーションもなにもない。

 ちなみに渡辺とは阪神との岩貞対決に敗れた日本ハムが最後に指名した東海大甲府高校の渡辺諒。

 いやな予感がする。森を指名した球団が西武だというところがやけに気になるのだ。なにせ「おかわり君」中村剛也も浅村栄斗も大阪桐蔭出身。今では2人とも西武の中心選手として活躍している。中村は高校通算83本塁打を記録し、「浪速のカブレラ」と呼ばれた怪力自慢。浅村は2008年夏の甲子園に「1番・ショート」で起用され、バットで強烈な印象を残した。関西出身選手に枠を広げれば、兵庫・育英高校の栗山巧や大リーグに挑戦している兵庫・伊丹北高校の中島裕之ら、なぜか阪神よりも関西色が濃いように映る。

 まあ、いいか。だからといって森の活躍を願わないなどという理屈にはならない。それより阪神は福岡大の梅野隆太郎という捕手を4位で指名した。梅野は大学球界ナンバーワン捕手と言われている。全日本の代表で4番を打っていたというから期待できそうだ。仮に森を指名していたらポジションのかぶる梅野は指名されなかったかもしれない。森の獲得戦略に失敗したから阪神に名捕手・梅野が誕生した。何年か先、そんな記事を読んでみたいと思う。

 余談だが、梅野のお父さんはビックリするくらいのイケメンだ。

(デイリースポーツ・宮田匡二)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス