文字サイズ

ナメるな!新井トドメの「一番搾り」弾

 「巨人0‐4阪神」(2日、東京ド)

 気分良く引き揚げる阪神・新井に、強烈な祝福が待っていた。東京ドームの関係者口を出ると、岡田彰布元監督(デイリースポーツ評論家)とばったり。あいさつに駆け寄ると…。

 岡田「おう。お前、あそこで歩かされんようじゃ、大したバッターやないなあ」。

 新井「そ、そ、そうですよね…」

 ま、参ったなあ。新井はそんな面持ちで、バスに乗り込んだ。

 九回。マートンの適時二塁打の直後、2死二塁。次打者は守備固めで6番に入る俊介だったが、巨人バッテリーは、前打席併殺打の新井と勝負。岡田氏に言わせれば“ナメられた”打席で意地を見せた。

 3ボール1ストライクから真ん中のスライダーをフルスイングした打球は、左翼席上段の「キリン一番搾り」の看板を直撃。「会心」と振り返った特大アーチで勝負を決めた。「次(九回裏の巨人打線)が3番からだったから、何とかもう1点と思っていた。最高の結果になって良かった。看板直撃?カープ時代に桑田(真澄)さんから打ったかな」。

 副賞は100万円とビール1年分。球宴でMVP、敢闘賞に輝き、臨時収入はこの2週間で500万円…。真夏のボーナス弾が、負けられない一戦ではじけた。「自分たちはチャレンジャー。思い切りぶつかっていきたい」。巨倒の味わいは、プライスレス。夏のビールはたまらないが、秋の美酒こそ譲れない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス