文字サイズ

ドラ4小豆畑、父の祈祷で正捕手獲り

 父の祈祈祷(きとう)で正捕手獲りだ!阪神のドラフト4位・小豆畑真也捕手(24)が3日、岐阜県大垣市内の西濃運輸グラウンドで自主トレを公開した。4日には父照観さん(54)が僧侶を務める、愛知県犬山市の大本山成田山名古屋別院大聖寺に自身の野球道具を持参し、祈祷を行う予定だ。

 雪の降り積もるグラウンドに、これから臨む厳しい世界を重ね合わせた。「新鮮な気持ちもあるが、やるべきことは変わらない」。正月気分はみじんもない。早くも勝負師の顔をのぞかせた。

 この日は「ケガをしない体づくりが一番」と約4時間のトレーニングを敢行。正捕手獲りの準備は、それだけではない。父が僧侶とあって「明日、道具を持ってお参りします。自分の手足となるものなので、御祈祷してもらいます」と話す。

 これまでも大聖寺で七五三、入学式などの節目にお参りを欠かさなかった。そして「自分の大きな節目」を目前にミットやバット、防具などを清め、自身も傍らでプロでの目標などを祈念する。

 息子の頼みに父は「大阪へ行くとなかなか会えなくなる。私がやろうと思います」と快諾。約1時間の儀式を、自ら手掛けるつもりだ。岐阜県は元西武監督の森祇晶氏をはじめ、現役では楽天・嶋、広島・石原を輩出した捕手王国。「不思議な土地柄。自分もそれに続きたい」。父の祈りを背に受け、虎の名捕手となる道を歩む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス