文字サイズ

黄金ルーキー藤浪が「日本一」の誓い

 2013年第1弾は、阪神ドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18)=大阪桐蔭=の力強い決意表明でスタートです。昨年、甲子園春夏連覇、国体優勝の高校3冠を達成したゴールデンルーキーは、プロでも「日本一」という新年の誓いを立てました。ファンの期待を一身に集める藤浪の熱い言葉の数々を、じっくりとお楽しみ下さい。

 いよいよ猛虎新時代が幕を開ける。主役となるのは甲子園無敗を誇る、藤浪晋太郎だ。勝利を追い求めてきた黄金ルーキーがチームをリーグ優勝、そして日本一に導く。

 「個人のタイトルよりもチームが優勝することが一番です。これまで勝ちにこだわってやってきたので、日本一というところがゴールだと思います。そういうところが自分が目指すことだと思います」

 滑らかな口調、それでいて強い信念を持って、新年の誓いを立てた。昨年は甲子園春夏連覇の偉業を達成し、国体でも優勝。松坂大輔を擁した横浜高以来となる高校3冠を成し遂げた。舞台がプロに変わっても、ひたすら勝利にまい進し、結果を残す自分でいたい。何よりそれが日本一への近道であることを、藤浪は肌で知っている。

 もちろん、高校とプロのレベルの違いは理解している。「プロでは、想像できないようなすごい壁にぶち当たることもあると思います。簡単ではないと思いますが、そういう壁を乗り越えていかないと次には進めない」。覚悟はできている。これまでも、すべてが順風満帆だったわけではない。

 高校2年の夏、大阪大会決勝でまさかの逆転負けを喫し、甲子園切符を逃した。悔し涙が止まらなかったが、その敗戦を糧にして、技術的にも精神的にもレベルアップし、壁を打ち破ってきた。「越えていける自信というよりも、何としてでも越えていかないといけない」。まっすぐに前を見つめる瞳の中に、強い決意がにじんだ。

 自ら「投げやすい」と語る聖地のマウンドが藤浪を待っている。「高校の時も集中しているときは相手の応援歌も聞こえませんでした。(声援を)力に変えられます」。360度から全身に降り注ぐ大歓声もプレッシャーに感じることはない。大舞台で培われた自信が、自然とあふれ出た。

 「今まで初夢は見たことがないんですけど、富士山の夢が見られたらいいなあと思います。一富士、二鷹、三茄子ですね」

 富士山は初夢で見ると、最も縁起が良いとされている。日本一の山から、日本一に挑むプロ野球人生が幕を開ければ、この上ない。ファンの夢は背番号「19」に託された。期待を一身に浴び、藤浪のルーキーイヤーがスタートした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス