ホーム > タイガース > タイガース最新紙面記事

平野、7度目猛打ショー!走・攻・守で躍動

 7回、平野は二盗を決める(撮影・峰大二郎)
【拡大写真はコチラ】
 7回、平野は二盗を決める(撮影・峰大二郎)

 「交流戦、阪神1-6オリックス」(9日、甲子園)

 阪神・平野が聖地を沸かせた。完敗ムードが漂う中でも、最後の1アウトまで全力を尽くした。今季2番目となる4万6831人の観衆が見つめる中で、今季7度目の猛打賞とファインプレー。切り込み隊長が走、攻、守にわたって躍動した。

 一回に右前打を放って出塁すると、七回先頭で迎えた第4打席で中前打の直後にプロ通算50盗塁となる二盗も決めた。最終回にも1死から中前へはじき返し、オリックスのストッパー・岸田を攻め立てる起点に。

 ただ、3本の安打でいずれも得点圏へ進んだが、後続にあと一打が出ず本塁へ生還できなかった。トップバッターの奮闘を生かせなかった事実は、チームにとって非常にもどかしい。

 それでも今季7度目の3安打以上は中日・荒木、DeNA・荒波を抜いてリーグ単独トップに立った。開幕から1、2番を何度も入れ替わり、打線の役割が変わる中での固め打ちは称賛に値する。守りでも1点リードを許した三回、1死一塁から李大浩が放った二遊間への痛烈な打球をダイビングキャッチ。そのままグラブトスで鳥谷に転送し、併殺を完成させた。前日8日の試合で走塁での判断ミスと送りバント失敗はあったが、この日はきっちり取り返した。

 「それが仕事なんで」と厳しい表情を貫いたまま振り返った平野。今季は開幕から再三のファインプレーでチームの危機を救ってきた。2年連続ゴールデングラブ賞に輝いた名手。その礎を築いたのがアマチュア時代、「大学まではよくやっていた」という壁当てだ。

 ボールを壁にぶつけて跳ね返ってきた球を捕球する地道なトレーニング。それについて平野は「いろんなことが学べるからね」と明かす。類いまれなハンドリングや驚異的な球際の強さは、積み重ねた努力の象徴だ。

 チームはまた、勝率5割復帰を逃した。完敗に平野の表情から笑みがこぼれることはない。すべてはチームの勝利のために‐。3安打を「明日につなげます」と力を込めた切り込み隊長が、和田阪神を再浮上へ導く。

(2012年6月10日)

ソーシャルブックマーク・RSS・google+1・twitter・Facebook

オススメタイガース写真ニュース








Copyright(C) 2011 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved.
ホームページに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。
当サイトは「Microsoft Internet Explorer 4.x」「Netscape Navigator/Communicator 6.x」以上を推奨しています
Email : dsmaster@daily.co.jp